膝の痛みによる病気は?

膝の痛みからくる病気は主に変形性膝関節症と大腿骨顆部骨懐死です。

前者の変形性膝関節症は加齢が進むと起こる病気で女性に多くみられます。

膝の内側の軟骨が変性し摩耗して徐々にO脚になります。

膝関節の内側に痛みを訴える病気です。

進行すると軟骨を支えている骨が削れて歩行困難になります。

初期の症状として、朝歩き始めるときに膝に違和感を覚えます。

しばらくすると痛みは消えますので痛み自体は長く続きません。

中期症状としては痛みがなかなか治まりません。

初期の症状をそのままにしてほっておくと徐々に進行して悪化していきます。

膝の痛みだけでなく、炎症を起こし膝周辺が腫れたり熱を持ったりしてむくんできます。

膝に水が溜まって重くだるくなっていきます。

この段階でO脚気味に変形し骨同士が当たってゴリゴリとした感覚があります。

末期症状となると、もう日常生活に支障が出て来る痛みとなります。

行動範囲が狭まりストレスがたまってきて、体重が増加したり、うつ状態になったりする人もいます。

この段階で相当O脚が進んでいるようになります。

膝の痛みからくる大腿骨顆部骨懐死という割とポピュラーな病気について書きます。

膝関節に接している大腿骨の先端が壊死する病気だそうです。

MRIで壊死した部分は確認できるらしいです。

中高年以降の女性にこの病気は多くみられるそうです。

安静時や夜間寝静まっている時に痛み出すそうです。

また始めは見逃しやすい病気だそうですので要注意です。

壊死部が小さければ保存療法ということもありますが高位脛骨骨切り術や人工膝関節置換術といった難しい手術になることもあるそうです。

症状の進み方としては、突然痛みが走り発症することもあるそうです。

痛みは非常に強く、歩いている時は勿論寝ている時でさえ痛みが強いことがあります。

高齢で骨が脆弱化している例では骨の陥没破壊が進んで関節軟骨も壊死するため関節症になるようです。

O脚は進んで膝の痛みは痛烈で関節周辺は晴れて水がたまり、重くなって動きが悪くなります。

膝関節はまっすぐに伸びなくなります。

膝の痛みの対策法をチェック

最終的には末期の変形性関節症になります。

そうなると内側に注射しても痛みを感じません。